面白いなら、なんでもいいじゃない。

本職は地味な研究職。文章を書くのが好きなので、ぼんやりつぶやきます。

『何者』を観てきたよ。いい意味でモヤっとしたストーリー展開がまさに朝井リョウ原作作品だったよ!

 

f:id:sne-777-1214:20161029211114j:plain

『何者』

評価:★★☆☆☆

監督:三浦大輔

原作:朝井リョウ

 

流れる空気感が、原作者が朝井リョウである映画化された『桐島、部活やめるってよ』に似ていました。

個人的には、共感はできるけど、恐怖はあまり感じませんでした。

 

 

あらすじ

就職活動を通して出会った5人の若者達。就職活動を通じて、自分が『何者』であるかを模索する。はじめは力を合わせて就職活動を進めて行くが、内定者がではじめ、徐々に人間関係が変化していく。

 

魅力的な俳優さんと主題歌『NANIMONO』目的で鑑賞

佐藤健有村架純二階堂ふみ菅田将暉岡田将生山田孝之の豪華俳優陣と、主題歌『NANIMONO』(中田ヤスタカ×米津玄師)が目的で、鑑賞してきました。

米津玄師さんの含みのある落ち着きのある声、好きです。

 

俳優の方々の演技は上手いし、SNS絡みの問題、意識高い系女子など、現代的な問題や滑稽さが散りばめられていました。

あまりに日常的で、映画を見ているというより、友達から噂話を聞いているようでした。

就職活動をほとんどしなかったせいか、(理系大出身だから勝手がきっと違うんです)就活の恐ろしさを知らないので、思ったより共感はできなかったです。